--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月

2012年07月30日 13:02

tae amis

両親、親戚、友達のフランス訪問で始まった7月。
7日にはアルザスで結婚パーティを開き、
パーティの後もしばし日本の家族・友達とアルザス観光。
14日に夫が仕事で南仏に戻り、18日に最後の友達が日本に帰国。
その後しばらくひとりでアルザスに残って、
先週木曜日にやっとカルカソンヌに戻って来た。

ほぼ1ヶ月ぶりのカルカソンヌ。
アルザスの田舎のように美しい緑に囲まれているわけでも
お花でキレイに飾られたお家が並んでいるわけでもないけれど、
やっぱり落ち着く、自分の家。
不思議なもんだなぁ。

今日は、カルカソンヌで家族のように仲良くしてくれた
ワンの一家が2年間の海外赴任に出発する日。

夫が長期出張でカルカソンヌにひとりお留守番していた時も、
初めての妊娠がわかった時も、ツワリで苦しんでいた時も、
いつも側にいて家族のように私の面倒をみてくれたワン一家。
今朝はワンが家に寄ってくれて、最後のお別れをした。

2年間なんて、あっという間に過ぎてしまうだろうけど、
ああ、寂しくなるなぁ。

IMG_0913.jpg
昨日はお昼から夜まで、ワン一家と一緒にオード河沿いでバーベキュー。
スポンサーサイト

夏のはじまりに

2012年05月30日 19:19

2週間ほど前、友達のワンからのビッグニュース。
なんと4人目のベイビーを授かったという。
「やった!」プールに向かうワンの車の中で万歳大喜び。

ワンの旦那さんジェロームは、
「いつもTaeとつるんでたから妊娠がうつったんだな~」と、
ワンの妊娠は私のせいだそうです。
こういう嬉しいことなら、いくら責められてもよいですよ!

そもそも私が妊娠したのは、今年あけてからワンのわんぱくキッズ三人と
一緒に過ごす時間が多かったからじゃないかしらん・・
なんて、こちらはこちらで自分が妊娠したのは
ワン一家と多くの時間を共にしたからだと思っていたり。

そして、「いやいや、これは男どものせいよ!」とワン。

真っ青に晴れ渡る空に、ジリジリと照りつける太陽。
緑もすっかり青々とし、グングン伸びる草木。
カルカソンヌの夏が始まろうとしています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。