--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良き嫁は三つ指ついて・・

2012年04月25日 11:37

夫は大の映画好き。趣味は「ネットで面白そうな映画を探しダウンロードすること」と言っても過言でないくらい、暇さえあれば映画のダウンロード。私がつけた彼のアダナは「ムッシュー・イレーガル・テレシャージャー(訳:ミスター違法ダウンローダー)」。映画がタダで見られるんだから、いいじゃない!と思うでしょう!?ところがどっこい、問題なのは映画の趣味。夫がダウンロードする映画は大抵アクション満載の「ザ・男子映画」。毎晩食後に「映画を見よう」となるのだが、必ずといっていいほど鉄砲バンバン、爆弾ボンボン・・。こんなの見たくない・・!何度か私のチョイスでラブコメディものも見たけど、これは彼が一番見たくない類いの映画なので、今度は彼のほうが仏頂面。最近はもうあきらめて、映画会が始まると私は耳栓を入れて涅槃に入る。

夫が最近いたく気に入っているのは、日本映画。ジャンルはもれなく侍もの、またはヤクザもの。あ~あ、あたしゃ侍もヤクザも見たかないよ。しかも日本語だから言葉がわかって余計に嫌だよ。ここ数週間、特にはまって続けて見ていたのは、黒澤明の作品。「乱」「蜘蛛の巣城」「羅生門」・・・おぇ、もう勘弁してください!!

と、そんな中でもまぁ最後まで見れた黒澤映画は、ある浪人の生活を描いた「雨あがる」。実はこの映画、原作が黒澤明なだけで監督は別の人らしいが。大雨である町に足止めをくらった浪人とその妻が、雨があがるまで山中の長屋で町民と共に過ごすというストーリー。この映画の中で、我がフランス人夫のツボにはまったシーンがある。それは、ふらふらっと出かけた浪人が家に帰って来ると、浪人の妻が三つ指ついて「お帰りなさいませ~」と迎えるシーン。これに驚いた夫は、嬉々として私を振り返り、「Taeもこれやるか?」とさ。は、は、は・・。

で、翌日。仕事から帰って来た夫にやってみました!
玄関で、正座して三つ指ついて「お帰りなさいませ~!」

夫は一瞬固まってから、大爆笑。笑い泣きをこらえながら、
「バナヌ(バナナ=おばかちゃん)、早く立ちなさい」とさ。

これを3日間連続してやっていたら、しまいには「もうやめてくれ・・」と夫。
実際にやられると、ばつが悪いものらしい。

ようし、こうなったら最後までやってやろうじゃないの!
なぜか私の中で燃える「サムライだましい」。

大和撫子をなめるなよ!

スポンサーサイト

なんだかいけてない月曜日

2012年04月23日 12:56

今日はフランス語のクラスが休み!やったー、やったー、やった~!!!行ったら行ったで勉強になるけど、とにかく行くのがおっくうで仕方ないフランス語クラス。最近特にそう感じているのは、1週間休みがあってすっかり休みボケしたのと、風邪が抜け切らないでいるからかなぁ。

おかげさまで花粉症はほとんど治まったけど、先々週引いた風邪がまだくすぶっているようで、全身だるだる、鼻水ずるずる、頭ずきずき。あ~あ、あたしゃもずいぶんヤワになったもんだなぁ。

世界が注目する仏大統領選。周りのフランス人は無関心人口多し。政治にはうるさい人が多いイメージなので、「誰に入れたってどうせ同じだよ」と日本人のようなことを言っているのを聞くと、え、そうなんかい!?と拍子抜けする。我が家のフランス人に至っては、「投票者カードの申請」をしていないため投票する権利なし。(フランスでは18歳から投票権があるけど、日本のように黙っていても投票カードが自動的に送られてくるのではなく、「投票者カード」というのを申請して受け取らないと投票できないらしい)日本の母からは「投票行ったの?」と昨日の朝早速メールが来たけど、「問題外だよ・・」と即答。あ~あ、これでいーんかい、フランスよ!?

フランス買い物事情

2012年04月20日 20:33

フランスでは日曜日、店という店が全て閉まる。というのも、法律上、日曜日は仕事はしてはいけない日なのだ。日曜日は働かずに家で家族とゆっくり過ごす、これが日曜日の正しい過ごし方。日本だったら「土日は一番のかきいれ時」なのになぁ。日曜日に家族と一緒にショッピングしたい人もいるだろうになぁ。それに日曜日に店を開けば、雇用も増えるだろうし経済的な効果もあるだろうに・・などと思うのは、日本人の頭らしい。ここフランスでは、「家族とのクオリティタイム」には「ショッピング」などという物質的な活動は必要ないんだとさ。

日曜日は店が閉まっているので、必然的に土曜日が「ショッピングデー」となる。この日を逃してはならぬ!と、皆家族総出で買い物に走る。ちなみに、土曜日は店を開けるためか、日曜、月曜と続けて休む店は非常に多い。土曜日を逃すと、次に買い物ができるのは火曜日というわけだ。ちなみに平日でも、お昼の12時から14時の2時間は大抵の店、事務所、役所はお昼休みで閉まる。なので、用事は午前12時前、もしくは午後14時から18時の間にすまさなければならない。まぁ、慣れればなんてことないのかもしれないけど、一日の時間の使い方をこんなにお店の営業時間に左右されるのは生まれて初めてですよ。特に、お昼頃買い物に出たくなる性分としては、これ、結構悩ましい。

いやぁ、善し悪しは別として、日本って本当に消費者天国。24時間、年中無休でやっている店が存在するなんて、ここでは到底考えられない!大都会東京から来た身としては、日常生活のいろんなところでカルチャーショックの多い南仏田舎暮らしなのでした。

フランスといれ事情

2012年04月18日 13:47

以前もフランスのトイレについては書いた覚えがあるけれど、やっぱりフランスのトイレ事情はひどい!

と私が今回憤慨しているのは、フランス語クラスを受けるために通っている高校のトイレ。

まずトイレは男女共用。まぁそれはよいとしても、約10ぐらいある個室の7割はドアなし。よって、必然的に7割は男子の「小」用のトイレとなる。いくらおばさんとはいえ、一応「女子」としては、トイレに入っていきなり用を足している男子生徒の後ろ姿を見るのは、なんだか複雑な気持ちですよ。

そして、ドアのあるトイレも、洋式タイプのくせに便座がない。そのため、女子は中腰で用を足す。「大」をしたい場合は・・・うーん、家に帰るまで我慢するしかないですねぇ。さらに、トイレットペーパーは当たり前のように設置されていない。

まぁ、ここまではこっちの公共トイレではよくあることだから、よしとしよう。私が一番不満に思っている極めつけは、手を洗う水道がないこと!トイレ内には昔手洗い場だったらしき一角があるのだけど、蛇口がなくて、もちろん水は出ないため使用されていない。ひぇぇ、フランス人の学生は用を足した後に手を洗わないのか!?あっちょんぶりけ!

しょうがないから、教室に戻って、飲むように家からボトルで持ってきたお水でチョロチョロ洗いましたよ。

まだ子供もいないので心配する必要もないんだけど、このトイレを見ただけで「こんなとこに子供を通わせたくない」と思ってしまいます。

ああ、日本は衛生の楽園だなぁ!

フランスタバコ事情

2012年04月17日 13:30

フランスでは、タバコを購入できる年齢制限(確か18歳)はあるけれど、タバコを何歳から吸ってよいというのは法律で決まっていないらしい。だから、若年者がタバコを吸っていてもそれは法律違反ではないそーな。ちなみに、お酒も確か同じだったと思う。

だから、かなのか、フランス語のクラスのために毎日通っている高校は、正門前がタバコを吸う高校生でいつもいっぱい。学校の校内では吸っては行けないというルールがあるため、校門前にズラッとならんでスパスパ。高校生なので、もちろんほとんどは18歳以下。

日本とのこの違いは何なんだろう~。うーん、これじゃあ若いうちから老けるはずだなぁ。この異様な光景に見慣れると、先生や親に隠れて吸っている日本の高校生がなんとも可愛く見えてくるのでした。

春、春、春!

2012年04月15日 16:07

夏のような日が1週間続いたかと思えば、雨まじりのどんより曇り空が1週間続いたりと、ここカルカソンヌも春の天気は変わりやすい。

昨日は最高のお散歩日和。この時を逃してはいけない!朝は市場に買い物に、午後はシテ(お城)までお散歩に行きました。

青空にぽっかり浮かぶ白い雲。新緑もだいぶ出てきて緑もきれいになってきた。

IMG_0117.jpg

桜の花?いえ、これはアーモンドの花だそう。オード川沿いはこのアーモンドの並木になっていて、まるで桜並木のよう。

IMG_0123.jpg

春を感じるのはお天気だけではなく、市場でも!冬よりも断然店舗数も多ければ客も多い!そして、春ならではの野菜や果物が並びます。今特に旬なのがアスパラ。これでもか!というほど、市場のどこのお店にもアスパラが目玉商品で並びます。そして、我が家のフルーツモンスターが泣いて喜ぶ、イチゴのシーズンもついに始まった!この有機イチゴ2キロ入りの箱が5ユーロ(530円)。イチゴ天国ですな!

IMG_0115 のコピー

さっそくイチゴサラダに。ヘタを取って四等分にカットし、砂糖水に漬けてしばらく置くと、イチゴの汁が出て美味しいイチゴサラダになります。得意満面な我が家のイチゴモンスター。しかし2kgのイチゴサラダ、どうやって2人で食べるんだい!?

IMG_0139.jpg

ついに!?

2012年04月13日 14:00

やっと終わりを迎えたか!?ほんと!?

12週目に入った先週、ツワリの症状がぐんと和らぎ始めた。金曜にはツワリが始まってから初めての外食もクリアし、張りつめた糸が切れたように週末毎晩遅くまで好き放題遊んでいたら、見事に風邪を引いた・・。

「あーあ、な~にやってんだよ、かあちゃん!」
お腹でべべもさぞかし呆れていることだろうのう~。

火曜日は滝のように止めどなく流れる鼻水に、ボックスティッシュ2箱使い果たし、食べたものは全て吐き尽くし(失礼!)、水曜日は喉の腫れと全身の痛み+発熱。

あ~あ、こんな風邪、今まで引いたことないんだけどな~。
たのんまっせ、かあちゃん!

反省しまくりの今週でした。

ただ、風邪を引いておきながらも、後悔していないこと・・。
それは、海を見にいったこと!

カルカソンヌから車で南東に1時間。去年の夏に一度行ったPort-Leucateという地中海沿いの小さな街の浜辺に行ってきました。と言っても、着いたのはもう夕方6時半過ぎの夕暮れ時。ほんの少しのお散歩でしたが、ああ、久しぶりに歩く砂浜、潮風の匂い、やさしく寄せる波!海はやっぱりいいなぁ~。波を見た途端に、湘南ガールの胸は踊り始めましたよ!

IMG_0103.jpg

高台に登ると、絶景!

IMG_0107.jpg

午後7時半過ぎ。夕陽に照らされる灯台。今の時期の日没は8時半から9時頃。

今週は夫の仕事が休みなので、アルザスの実家に行こうか・・なんて言ってたけど、今回の風邪で全てキャンセル。べべにまた「かあちゃん・・」と呆れられないように、ゆっくり、のんびり、温かくして毎日過ごすべし。

ちょっとずつ息抜きしながら、ね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。