--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱波が去って・・

2012年08月30日 10:50

先週の猛暑と打って変わって、涼しい今週。気温は上がってもせいぜい20度ぐらい。半袖では寒いので、カーディガン着用。先週の熱波到来で慌てて買った扇風機君は、2回ぐらいしか出番なく、物置へ退場〜。本当に夏、終わっちゃったのかなぁ。38度の猛暑は勘弁だし、爽やかな秋の風もいいけど、夏が終わるのはちょっと寂しい。

ところで、IKEAで買った新しいプラントちゃんをご紹介。
ココナツ椰子の木らしいけど・・。

IMG_0986.jpg
手前のひょろっとしたのがそれ。ひょろっとしてるけど、既に私よりも背丈はあるので、どんな風に育つのかちょっとドキドキ。

IMG_0987.jpg
葉っぱの先が二つに割れてて面白い。「うさぎの耳」というらしく、マニュ曰く、ジャングルにはいやというほど生えているらしい。

IMG_0988 2
根元には、ココナツの実が・・。なるほど。

マニュが言うには、ジャングルで大きい音を立てたいときは、この「うさぎの耳」を使うらしい。この葉っぱを一枚ざくっと切って切り口をトントンと叩くと、二つに分かれた耳から音が発せられて反響してすごい音になるらしい。ジャングルで緊急事態発生の際には、お試しあれ!?

スポンサーサイト

熱波

2012年08月26日 08:21

フランスは先週末から熱波(canicule カニキュール)でものすごい暑さに。朝はやい時間は涼しく爽やかなもの、昼間の気温はまさに38度まで上がったりする。湿気がないのがせめてもの救いだけど、気温38度で風が少しも吹かない日にゃあ、もうぐったりで何にもする気でず。しかも昼間がここまで暑いと、夜も気温が下がらず熱帯夜。ウチワで自分をだましながらやっと眠れたかと思ったら、真夜中に汗びっしょりで目が覚める。

フランスでは一般的に家にエアコンがついていない。この容赦ない夏の暑さを避けるため、南フランスでは昼間は雨戸をピッチリ閉めて日差しを遮るらしい。どうりで、昼間だってのに雨戸が閉まっている家が多いわけだ。うちは暗くなるのがイヤなので、今まで雨戸を閉めたことはなかった。が、数日前アルザスからカルカソンヌに遊びに来ていた義母(南仏出身)が、あまりの暑さに「雨戸を閉めなきゃ」と、朝から全て雨戸を閉めることに。

うーん、なるほど、日差しは確かに入らないけど、光も外の景色も見えないのはそれこそ息苦しいじゃないか!ここはバンパイアの館かい!?やっぱり雨戸を閉めるのが好きになれない私たちは、義母が出かけている合間に窓をいそいそ開けました。

いや、それにしても、風鈴に打ち水にかき氷・・・日本の「涼」をとる工夫は素晴らしいなぁ。そして風流だなぁ。いきなり雨戸を総閉めして昼間暗闇で過ごすフランスとは反対だよなぁ。

暑くてどうにもならなかったこの日、我慢できず扇風機を購入。

IMG_0982.jpg

やけにチビッコ君で、店で一番小さくシンプルだったけど一番馬力があるという、なんだかよくわからない設定・・。扇風機というよりは、「サーキュレーター」ってかんじかな。

それにしても、扇風機とかそういうマシンは日本、進んでるなぁ〜と改めて認識。こっちの扇風機は、日本の20年前、いや、それより前ぐらいの面持ち。タイマーもなければリズム風ももちろんない、頭も回らないなんてのも多いんです。現にうちのチビッコ君は、頭も回らないしタイマーもなし。つけたらつく。消したら消える。まぁ、涼しけりゃなんでもいいけどね。がんばれ、チビッコ君!

ふたたび

2012年08月25日 14:14

トゥールーズIKEAへ。今度のターゲットはテーブル。
前回から目をつけていた、長さがのばせて最大8人まで座れるタイプを購入。

今までの小さいテーブルは4人座るとキュウキュウだったので、倍の大きさはうれしい。

table 2

椅子も必要・・ということで、迷いに迷った末、折りたたみ椅子を4脚購入。
一脚9.99ユーロ(1000円弱)。なんだこの安さ!

そしてわかっていたけど、テーブルは重かった・・!最近なかなか力が入らなくなって、重い物が運べなくなってしまった私。4階までの狭い螺旋階段を、ひとりでテーブルかついで上がるマニュ。いやはや、お疲れさま!

やっと

2012年08月19日 13:22

IMG_0970.jpg

ソファーを購入@IKEA!
くつろげる空間はやっぱり嬉しい♫
地べた座りの日々よ、さようなら〜!!

それにしても、IKEAの商品ってどれもこれもデカい!
完全欧米向けですな〜。

ビズして許して

2012年08月15日 21:36

以前にも書いたかもしれないけど、フランス人夫の言動でビックリしたこと。

自分が悪いことをした後で私がプンプンしてると、謝りもせず、「ほら、ビズ(キス)してくれ」と、自分のホッペを差し出してくる。えぇ、悪いのは自分のなのに、私があんさんにビズですかい??普通反対じゃあなかろうか!?普通、悪いことした人が「ごめんなさい」と謝って仲直り、だよねぇ!?

この摩訶不思議な言動、夫だけかと思ったら、なんとテレビのコメディ・ドラマでも出てきました!カップルの女性が、鍵をハンドルにさしたまま車のドアをロックしてしまい、男性は「またかよ〜」と、おかんむり。女性は男性を、まぁまぁ、仕方がないじゃない〜わざとじゃないのよぉ〜、となだめながら、自分のホッペを差し出して、「ほら、ビズして!」。

なるほど、自分が気まずいことをした後の「ビズして」は、「許してちょんまげ」の印なのね・・。しかし、ドラマでも女性に「ビズして」と言われた男性は呆れてましたが、このシチュエーション、「ビズしてくれ」と言われたほうは呆れるよね。素直に「私が悪かったです」と謝ってくれればよいものを、「ホッペにキスしてくれ」とは図々しいじゃないか・・!

不思議でたまらない、フランス人の言動。。。

どうなる、10月

2012年08月14日 20:22

カルカソンヌに戻って来て、先日ビザの更新について県庁に聞きに行った。私のビザは12月半ばまでで、ビザの更新はどうも有効期限の2ヶ月前にするらしい。12月半ばの2ヶ月前=10月半ば=出産予定時期・・。しかも更新手続きは夫婦二人揃って、カルカソンヌの県庁でしなければならないらしい。アウチ!出産は夫の実家のあるアルザスで・・と思っていたけど、これはカルカソンヌにいないと厳しいかな・・。というわけで、カルカソンヌで出産の可能性が高くなってきた。

まぁ慣れた環境なので、それはそれでよいけれど、夫は11月半ばから1ヶ月間出張予定。その1ヶ月だけ頑張ればなんとかなるかな・・。いや、なんとかするしかない!

日本の母は、「これまで歴史の中でたくさんの女性がひとりで出産を乗り越えてきたんだから、あなたもきっと大丈夫よ」、と。さすが、母は強いなぁ〜。

はい、がんばります!

そういえば、国際結婚

2012年08月08日 11:26

出産も約2ヶ月半後にせまり、ちょびっとずつべべ用品を揃え始めた。昨日はトゥールーズのIKEAに物色に。べべのベッド用にマットレス、掛け布団などを購入。

べべはべべの部屋で寝かすか、私たちと一緒に寝かすか、まだ決めかねているところ。フランスではべべは産まれた直後から自分の部屋でひとりで寝るのが当たり前。日本のべべは大体両親と一緒の部屋、一緒の布団で・・なんてことも少なくないのではないかな?この日本の慣習を夫の母(フランス人)に言ったら、あり得ない!と、相当驚かれた・・。日本の先輩ママ達の意見を聞いて、日本の慣習のメリットなどを彼女に語ってみたところで、彼女の頭の中にはフランス式しかないので、力説むなしく空を舞うばかり。まぁ私も「こうじゃなきゃ絶対嫌だ・・」ってのがあるわけでもないんだけど、「ああ、そう言えば私たち国際結婚なんだなぁ」と、こういうところで気付かされたりする。

一方夫は、「まぁ、どっちでもいいんじゃないの」とのこと。ベッドは既にいただき物であるので、一応ベッドは用意しといて、産まれてからどうするか決めればいいか。

ところで、ベベ用品を物色に行くと、夫は必ずおもちゃコーナーで足が止まってしまう。必要なものがまだ揃ってないというのに、既にぬいぐるみをこんなに買ってしまい・・。朝起きたらこの通り、「ぬいぐるみ会議」まで開いてましたよ。とほほ。

nounours.jpg

ウォーキング

2012年08月05日 21:17

日本でいう妊娠8ヶ月目、後期にいよいよ突入し、ますます丸くなる全身・・。体重は増え続ける一方。確かに、ツワリが終わってからというものこの4ヶ月、食べたいだけ食べてるのに運動はちっともしてなかったからなぁ・・。

というわけで、数日前からウォーキングを開始。
オード河横の小川沿いに約1時間、4〜5キロぐらい。
太陽を浴びながら緑の中を歩くと、速度はウォーキング、でも気分はジョギング。やっぱり体を動かすのは気持ちいいのだ。
予定日まで残り2ヶ月半、続けられるようがんばるぞ!

IMG_0979-s.jpg
ウォーキングコース途中のプラタナスの並木道

カルカソンヌの夏

2012年08月05日 08:44

IMG_0941.jpg

7月1ヶ月間空けて帰って来たらすっかり夏!になってたカルカソンヌ。
カルカソンヌの夏はマルシェが特に充実。町の中心のカルノー広場には、季節の野菜やフルーツを競うように売るスタンドが所狭しと並ぶ。そしてそのスタンドに集まってギューギュー押し合いながら買い物をするカルカッソネ&ひやかしの観光客。

今旬の野菜は、ナス、ズッキーニ、トマト、パプリカ、人参、キュウリ、サラダ菜・・。この他にも旬のものはたくさんあるだろうけど、とにかくこれらの野菜はどこのスタンドでも必ずお目にかかれる。なるほど、この材料だから、ラタトゥイユみたいな料理が出来るわけだ。これでもか!というほど野菜が山積みになって売られているけど、種類はというと、日本のほうが充実しているような・・。そして、探してもマルシェでは見つからないのがショウガ!日本だったらショウガは夏の料理の薬味なんかに欠かせないんだけどな。

野菜と並んでスタンドの顔となるのはフルーツ。今は桃(白桃、黄桃)、ネクタリン(白、黄)、アプリコット、メロン、スイカが旬。フルーツの1kg平均の値段は2ユーロ(200円)ぐらい。安いのだと1.5ユーロ(150円)、ちょっと良さそうなのだと2.5ユーロ(250円)ぐらいかな。メロンは二つで3ユーロ(300円)、三つで5ユーロ(500円)が相場。とにかく、もう持ちきれまへん〜!ってくらいフルーツを買って、全部で6〜7ユーロ(600〜700円)。

1ヶ月ぶりにカルカソンヌに戻り、マルシェで思う存分買い物をして、気分爽快!主婦にとって買い物は生活の基本だなぁ〜。いつの間にかすっかり主婦な自分に苦笑い。8月後半から数ヶ月は夫の実家アルザスでお世話になる予定・・。もうしばらくしたらカルカソンヌのマルシェともしばしお別れか・・。

カルカソンヌの照りつける太陽と青い空の下で、しばしエネルギー充電。
お腹のチビちゃんよ、カルカソンヌの夏をしっかり吸収するんだぞ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。