--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニックって、本当に違う?

2012年05月24日 11:12

私は味のセンスが鈍いんです。(味の・・というか、なんのセンスでも大雑把で鈍いですが・・)先日カルカソンヌに遊びに来てくれた友達(第1号!)が、いろんなものを一緒に食べたり飲んだりするたびに、味についてとても細やかなコメントをしていて、改めて自分の鈍さというか大雑把さに気付かされました。彼女に比べると、私は全くきちんと「味わって」ないなぁ・・と。

オーガニック(有機)野菜・果物の話になったときも、私は単純に「身体にいいからね」ぐらいにしか思ってなかったのに、彼女は「味が全然違うよね」と。それを聞いて、「ん?そうかな?違うかな・・??」と、心の中でハテナマークを飛ばしながらも「ああ、そうだよね、全然違うよね」と話を合わせる私・・。

でも、そんな私でもオーガニックのものとそうでないものの違いに気付くことがあるのですよ。それは、ある期間オーガニックのものを食べ続けたり使い続けたりした後に、そうでないものを食べたり使ったりした時。例えば突然リンゴをふたつ目の前に並べられて味の違いを言えと言われたらよくわからないけど、ずーっと同じものを食べ続けてある日ポッと違う物を食べたときは、すぐに分かるんです。不思議だなぁ。慣れってすごいなぁ。

例えば、洗剤。オーガニックの洗剤をずっと使っていたら、もうそうでないのは使えなくなってしまいました。普通の洗剤は、どうも洗い心地がキツすぎるのです。スポンジも右に同じく。オーガニックのスポンジは、しなやかに手にやさしく馴染むのに、普通のスポンジは、しぼるときにプラスチックっぽいイヤぁな感触が手に残るんです。

どうも男子はオーガニック製品に疎い人が多いようで(ホントかな?)、夫はオーガニック製品にはほぼ興味なし。洗剤もブクブク泡立った方がいいし、匂いも「洗剤じゃ~!」ってのが大好き。オーガニック洗剤やスポンジの話をしたら、目を回して「おお、また女子のオーガニック好きが始まったよ・・」の表情をされました。

でも、これ、本当なんです!私の「一口食べただけじゃ味の違いがわからない」、じゃないけど、きっと皆気付く方法はそれぞれ違うんだろうな。夫もいつの日か気付く日が来るのだろうか・・。子供の頃、庭でなった美味しい果物をたんまり食べて育ったんだから、本当に美味しい物はわかると信じてますが。

で、ホントかいな?って思うけどオーガニックとそうでないものでもうひとつ全く違う物が、生理用ナプキン。一度オーガニックショップで何の気なしに買った下着ライナー。1ヶ月使い続けたら、もうオーガニックでないのは使えなくなってしまいました。オーガニックでないナプキンは、キシキシして違和感をすごく感じるんです。いやぁ、不思議だなぁ。

そんなこんなで、着実にオーガニックのしもべとなりつつある私。

土曜の朝はいつも朝市で野菜や果物を買いますが、私はいつもオーガニック商品のみを売っているおばさんのスタンドで買います。理由は「身体に良さそうだから」。「本当に味が違うの?」ってのはまだよくわからないけど、これもある日オーガニックでない物を食べたときに気付くんだろうなぁ。

人生、これまた日々の積み重ねであります。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。