--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス女性の女根性

2012年09月30日 09:36

「フランス人女性」っていうと、なんとなく「おしゃれ」ってイメージ。いったい日本女性に比べておしゃれかどうかはわからないけど、「女」であることへのこだわりは確かに強いような気がする。

日本だと、ある年齢を過ぎると、女性は地味な色合いの地味な服を着るようになることが多いけど、フランスではいくつになっても「女」をアピールする装いをする。太っちょのものすごいおばさんでも、「女」を前面に出したキュートでカラフルな膝丈ワンピースを着ていたりする。そして、必ずと言っていいほど足もとはきれいにペディキュアで塗られている。これには驚いた。

この前テレビを見ていたら、ある50代半ばのシングル女性の生活レポみたいのをやっていた。彼氏の誕生日を数日後に控え、ウキウキで誕生パーティの準備する彼女。ランジェリーショップに入って行くと、「これすごいキュート。きっと彼、大好きだわ」と言って、その日のためにセクシーな下着をお買い上げ。ランジェリーショップを出る彼女の目はまるでティーンエージャーのようにキラキラ輝いていた。

うーん、すごいなぁ。

マニュに、「フランス人女性って何歳になっても、フリフリの服を着たり、セクシーなランジェリーを買ったりするよねぇ」と聞くと、「うん、そうだよ」と、あっさり答えが返って来た。

ものすごいおばさんが女らしい服やセクシーなランジェリーを着ている図が絵的に美しいかどうかはさておき、注目すべきは彼女達がいくつになっても「女」の装いを忘れないこと、かな。いくらシワシワでも、いくらふとっちょでも、彼女達は永遠にキュートでラブリーな「女子」なのだ。

「女らしさ」の定義は国によって、文化によって違うけど、こんな風にわかりやすい「女らしさ」も、なかなかどうして悪くないかもしれない。



コメント

  1. Satoko | URL | -

    うん、悪くない、悪くない。
    夫婦って結婚して時間が経つとどうしても日常に追われてロマンスが薄れてしまうものだけど、オシャレしてキュートでいれば、夫も「おっ!」と反応してくれるし、互いに新鮮な気持ちにちょこっとだけ戻れたりするよね。

    そういえば、たえもおなじみ Victoria's Secret のコットンパンティーをネットで買ってると、「赤のセクシーパンツ、ぷり~ず」という夫の声が横から聞こえてくることがしばしばあるんだけど、まだ買ったことないのよね。こんなところで夫の趣味を暴露するのもなんだけど、、、(!)これってつまり、同じことよね!う~ん、やはりいつか買うべきか!

    でも女ばかりでなく、男も男らしさを常に磨く必要があるよね。一方が努力するんじゃなくて、双方でなくっちゃ。夫にはどんなパ〇ツをはいてもらおう・・・な~んてね!

  2. Tae | URL | -

    Re: Satokoへ

    赤のセクシーパンツ!いつかといわず、次回は(あ、すぐにでも!)ぜひそれ買ってはいてあげて(笑)!仕事はやく切り上げて帰ってくるようになるかもよ!?(笑)

    うちは、セクシー系よりはスポーティ系というか、ボーイレッグショーツみたいのが好きらしいよ。タイツとかも透き通っててセクシー!ってのよりは、おばあちゃんのタイツみたいな厚手の毛糸のとか履いてると喜んでるからびっくり。って、こんなとこで暴露!?

    なんか最近年取ったからか(おっと!)、服装に関してこだわりがあんまりなくなってきたので、夫が「これ好き」というのをチョイスしてみるのも悪くないかな・・と思うようになってきたよ。「それ、いくらなんでもラブリーすぎるでしょ・・」ってのもたまにありますが・・(笑)

    そうね、女子側だけじゃなくて、男子にも頑張ってもらわないとね。パンツに関していえば、特に注文はないけどね(笑)。服もいつも同じようなの着てるように見えて結構こだわりがありそうなので(シャツやジーンズの形とか柄とか・・)、まぁ好きにやってくださいというかんじだけど・・。強いて言えば、アクション映画ばかりでなく、私の好きなラブコメディとかも見て欲しい・・・って、これ全然違う話だわね・・!

    お宅はまずは赤のセクシーパンツからね!結果報告、待ってるわよ〜♫

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。