--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会deだぶるデート

2012年05月09日 12:17

友達がトゥールーズのアジア・アフリカ食材店「Paris Store」に行くというので、一緒に連れてってもらった。ちょうどお米も切れてたし、お酢もお醤油も残りわずかで、グッドタイミング!友達の旦那さんも一緒に行くというので、友達の家まで私を車で送ってくれた夫を無理矢理巻き込み、友達夫婦と4人でダブルデート。

IMG_0184.jpg
今日の戦利品の一部をご紹介!
ずっと欲しかったオイスターソースが買えて幸せ~!

IMG_0179.jpg
そして、今日一番の喜び、ジャポニカ米10kg!「日の出」って日本語で書いてありながら、ローマ字では「Shinode」・・・デザイナーは江戸っ子かい!?

IMG_0182.jpg
イタリア産のジャポニカ米。

IMG_0180.jpg
袋の裏にはなんとも微妙な寿司の写真が・・・。あるフランス在住日本人のブログでも話題になってたけど、箸の位置も寿司、ワサビ、ショウガの位置も・・全て微妙~!!ショウガが大将みたいになってますぞ~。

ところで余談ですが、こっちのスーパーではタイ米、バスミティ米、ワイルドライスなどの長細くてくっつかないタイプの長粒米は何種類も売っているのに、ジャポニカ米はないことが多い!「riz rond(丸いお米)」といって、リゾットやデザートのライスプディングなんかに使う丸いお米も売っているけど、うーん、なんかお米の出来損ないみたいで買う気がしない。

IMG_0188.jpg
「Paris Store」に行く前何日か、ジャポニカ米を切らしていたときに食べてたベトナム産もち米。

IMG_0189.jpg
このもち米に、こんなの(長粒米3種類ミックス)や

IMG_0190.jpg
こんなの(長くてぺったんこなお米)を混ぜて炊いてみたら、美味しかった!食感は、ちょっともちっとした日本のご飯、というかんじ。割合は、もち米1カップに長いお米2種を1カップで炊きました。

「Paris Store」でしこたま買い出しした後は、4人でトゥールーズの中心街をウィンドーショッピングしたりぶらぶらお散歩。いやぁ、トゥールーズは都会だ!街には若者がたくさんいて活気があるし、あんなお店も、こんなお店も、カルカソンヌにないものが何でもある!カルカソンヌでは全然起こらない購買意欲がムクムクむく。イヤイヤついて来た男子達も目が輝いてましたぞ!キラッ!

いやぁ、たまには都会に行ってふやけた脳みそを刺激しないとなぁ。
朝9時半にカルカソンヌを出て、家に戻ったのは深夜過ぎ。
丸一日都会を満喫して今晩はよく眠れそう!

泡立たない!?

2012年05月06日 14:25

フランスの生クリームは、コクがあるけど日本の生クリームのように重くなくて美味しいなぁ、と、良いのか悪いのかわからないけど、こちらに来てから生クリームを使う頻度が増えた。日本の生クリームのように、「うわっ、脂肪!」という感じが全然しないので、本当に使いやすい。

でも、そんな美味クリームにも欠点が!それは、泡立たないのです・・。
これまで2度ほどケーキを作るのに泡立ててみたけど、いっこうに固くならない。最初にトライしたときは、シャバシャバのまま分離してしまうという悲しい結果に。

今日は苺ロールケーキを作ろう!と、久しぶりに泡立ててみたけど、2度あることは3度ある・・やっぱり3度目も泡立ちませんでした。

これは何かが間違っとる!?と、ついにインターネットで「フランスの生クリーム 泡立たない」と検索してみたら・・出てくるわ、出てくるわ、フランス在住日本人の驚きの声がたくさんでてきましたよ。皆さんんの声を読んでると、どうやらフランスの生クリームは日本の生クリームより脂肪率が少ないため泡立たないよう。

IMG_0174.jpg

で、今回使った生クリームのパッケージを見てみると、「脂肪率12%」と書いてある。日本の「タカナシ」の生クリームを見てみると、35%、42%、47%と、どれも脂肪率が高い!そうか、そういうことだったのか。いやでも、っていうことは、生クリームを使ったフランス料理を日本の生クリームで作ったら、ものすごいことになるってことですね・・。考えただけで胃が重くなりそう。

しかし、フランス人はホイップクリームを使いたい時はどうしてるんだろう。缶入りのスプレー式のを使ってるのかなぁ。または、脂肪率が高いホイップ用のクリームも料理用とは別に売っているのかなぁ。今度スーパーに行ったときにチェックすべし。

ということで、食べやすいし健康にも(比較的)いいけど、泡立たないフランスの生クリーム。今日の苺ロールケーキはシャバシャバクリームで許してちょ!

おいしいのはみんな好き

2012年02月04日 05:16

フランスでは、日本では見ない珍しい(私にとって)野菜がたくさんある。
そのひとつが「シューラブ(chou rave)」。

DSCN1990.jpg

皆さん、この野菜知ってますか?私ははじめて見ましたぞ。

先日ベトナム春巻き作りをしたときに、ワンがこの野菜を取り出したので、
「何それ?」と聞くと、「シューラブだよ。日本にはない?」
姿形はカブのようなので、「うーん、カブ?」と答えると、
「そうだね、形はカブみたいだけど、味はキャベツみたいだよ」、と。

キャベツとこのシューラブなる野菜がどうしても重ならず半信半疑だったけど、スライスしたのを食べさせてもらうと、本当にキャベツの味がする!うーん、不思議!
そして、キャベツのようだけど生キャベツの青臭いかんじがなくて、スッキリ美味しい。

日本語では「根キャベツ」とか「カブキャベツ」というらしいけど、いや、日本人だったらみんな、見てカブ、食べてキャベツ、と思うこと間違いなし。

それ以来、chou raveは何度かビオショップで購入。生で食べても調理して食べてもよいのだそうな。私はキャベツ感覚で使っている。

今日も鍋に入れよ~と皮をむいたら、あらら、中が痛んでいて、虫君こんにちは!
キミもどの野菜がおいしいか、知ってるのね!

DSCN1986.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。